AGA治療の費用と効果

AGA治療とは

AGAはそのまま放置していると症状がゆっくりと進行していく特徴を持っています。
そのため、適切なAGA治療を行い、進行を食い止める必要があります。
AGA治療がどのようなものか、具体的にご説明します。

 

病院・クリニック

AGAの発生原因となるヒドロテストステロン(DHT)という物質を抑制するための薬剤があります。
フィナステリドとミノキシジルという二つの薬剤に発毛・育毛効果があることが分かっています。
フィナステリドは内服薬で、ミノキシジルは主に外用薬として使われます。
薬剤なので、基本的に病院やクリニックで診察をうけ、処方箋をもらわないと手に入れることはできません。

 

 

育毛剤

育毛剤にはさまざまな種類がありますが、AGA治療に有効な育毛剤はやはり「医薬品」の育毛剤です。
医薬品と医薬部外品とで何が違うのかというと、医薬品は上記で説明した
フィナステリドやミノキシジルといったAGA治療に効果があることが証明されている薬が使われていますが、
医薬部外品には薬剤が使われていないという点で異なっています。
医薬品に分類されている育毛剤を使う場合は、病院や専門クリニックに行かずに自分で治療ができます。
また、育毛シャンプーも多数販売されているので、育毛剤とシャンプーを併用するなど、
複数の商品を組み合わせて使うこともできます。
また昨今の育毛剤は効果がない場合などは全額返金してもらえるものも多数存在します。
それらの育毛剤を試して、自分にあった育毛剤を探す方が増えてきています。
育毛剤 新常識より一部抜粋

 

 

育毛サロン

病院、クリニックとは違い、薬の処方はありませんが、育毛を促進するさまざまな機器や製品を使ったり、
血行を促進するマッサージをするといった方法でAGAの進行を防いでいきます。

 

 

漢方薬

西洋医学の特徴は薬を使うこと、反対に東洋医学の特徴は薬に頼らずに治していくことがメインです。
また、自然由来の成分で作られた漢方薬を使うこともあります。
ハリや灸も東洋医学に分類されるもので、薬には頼りたくない、
副作用が怖いなどの不安がある方に向いています。

 

 

このようにAGA治療にはいろいろな方法があります。
しかし、治療に効果があることが証明されているフィナステリドやミノキシジルのような
薬剤を使っていく方法はやはり多くの方が違いを実感できています。
ただし、AGA治療には保険が適用されないので、すべて自己負担となります。
この点がネックになって長く続けられない方もいます。

 

AGA治療ははじめてすぐに効果が感じられるものではありません。
3か月、半年と続けていくことで効果を発揮するので、
AGA治療に使える予算をあらかじめ決めておくことも大切でしょう。